2007.11.29

2007年11月29日
朝から割とちゃんと歩けたので、これなら仕事に行けるかも!と思ったが
外を見るとすごい風でおまけにラパスには珍しく雨まで降っているので
こりゃー今日は船は出ないわ。。。ということで仕事もあんまりなさそうなので
大事をとって休み。なぜかカルロスまで「僕も休まなきゃ」といって社長に
電話していた。。。。あなたは休まなくてもいいと思うんですけどねー考え中
071129
カルロスがお見舞いに買ってくれたポインセチア。

2007.11.28

2007年11月29日
無事に内膜症の処置が終了。これで卵チャンもばっちり着床するでしょうと
先生は満足気。
麻酔から覚めてしばらく気分が悪かったのに、何か食べないと!と
無理やりスープを飲ませようとするカルロスと喧嘩になりそうだった。
が、今日はまだ喧嘩に勝てる元気もなかったので続きはおあずけ。
071128
術前まだ笑顔があるとき。

2007.11.27

2007年11月29日
コンプレッサーの引越しも済んで、いよいよオフィスの引越しも残りわずか。
結局引越し始めてから1ヶ月かかっているが、メキシコにしては上出来??
明日はいよいよ手術。といっても手術というほど大げさなものでもないのだが。。
処置って言ったほうがいいかな?
071127
レッカー車に吊り上げられるコンプレッサーを見上げる
ドンホアン・ロレンソ・カルロス。

2007.11.26

2007年11月28日
ついに今年も本日でキャンプ撤収。長かったダイビングシーズンもそろそろ終わり。
今年は例年よりもキャンプの設置期間が長かったので、キャンプスタッフはもうクタクタなのだが
その中でエドガルだけは、キャンプを心から愛していて冬の間もずーっとキャンプに
ステイしたい!と言い張るほど。また来年ね!
 

2007.11.25

2007年11月26日
12個のタマゴちゃんのうち、うまく受精して非常に良い状態のものが5個。
子宮が炎症を起こしている状態で移植しても着床の可能性が低いので、
先生はこの卵を無駄にしないためにとりあえず卵は凍結保存して内膜症の治療を
先に行った方がよいのではとの考え。最終的には私とカルロスでどうするか
決定してくださいとのことだったが、やはり先生に賛成して移植は延期することにした。

2007.11.24

2007年11月25日
一人入院だなと思っていたら、強風でツアーのキャンセルがでたため
カルロスが付き添ってくれた。
結果はタマゴは良いの悪いの含めて12個とれたので、前回よりも良い成績。
ただし、内膜症は先生が予想したよりも症状がひどく、処置ができなかった。
今月はこのまま体外受精を続行することもできるが、このままでは着床の
確率が低いため、いったん体外受精を中止して内膜症を本格的に治療するほうが
よいかもしれないとのことで、明日また診察してから方針を決定する。

2007.11.23

2007年11月25日
またまたお腹の痛みがぶりかえして辛い。
ここのところ家事もほったらかしなので、掃除洗濯が山ほど
たまっているのがすごく気になる。明日の処置で痛みが
消えますように!!!!