2010.04.29

2010年4月30日
腫れものがちっとも良くなる気配を見せない。
今日はたまたま婦人科の診察日だったので、そこの先生にも
診てもらったら、ずーーーっと見た挙句、毒グモに噛まれたときの
症状にそっくりだと言われる。中心部はもう化膿してしまい
ぐちゃぐちゃなので、噛み口などは見えないのだが、チクッと
刺された覚えはない。家に帰ってから布団などを良く調べなさいと
言われ、もう逃げていないよなーと思いながらも一応シーツを
調べると。。。。。
こんな爪が出てきた!!!!かなり怪しい。
専門家ではないはずの婦人科の先生が言ったことの方が当たってるのかも。
明後日にもう一度見せに来なさいと言われたので、ドクトル・カルバージョは
やめて、こちらの先生に診てもらうことにした。
 

2010.04.28

2010年4月30日
よなかにできものの痛みがひどくて、全く眠れなかった。
腫れが神経を圧迫しているのだろう、赤く腫れてる部分だけでなく
首や肩、背中にまで痛みが広がる。
先生もいつでも連絡してきなさいと携帯の番号をくれたわりには
電源が切られているようで、まったく連絡がつかない。
仕事にも行けずに家で休んでいたら、10時頃にやっと先生と
連絡がつき、もっと強い薬に変えてもらった。
 
後頭部なので、自分ではよく見えず、カルロスが私に
見せるために病変部医の写真を撮ってくれたが、気持ち悪い
写真なのでブログには載せないでおこうと思う。

2010.04.27

2010年4月30日
やっと診察を受けることができた。
ニキビのでっかいのが感染をおこしてひどくなってるだけだから
心配いらないと言われ、塗り薬、飲み薬、シャンプー、痛み止めを
処方される。痛み止めは必ず8時間以上の間隔をあけることと
釘をさされる。

2010.04.26

2010年4月30日
皮膚科に行こうか行くまいか迷っていたけど、病変部医が
だんだん大きくなり、痛みも堪えられないほどにひどくなって
きたので、例のドクトル・カルバージョのクリニックへ行ってみる。
今日は診察するかどうか17時過ぎにならないとわからないと
受付のおばちゃんに冷たくあしらわれ、夕方過ぎに電話をもらえる
ことになったのだが、案の定電話はなし。こちらからかけてみると
明日の夕方以降に連絡すると言われてがっかり。
とりあえず自分でイブプロフェンを買ってきて飲んでみるが
効果が1-2時間しか続かず、すぐに痛みが戻ってくる。

2010.04.25

2010年4月30日
どこの皮膚科がいいのだろうと思い、4人の知り合いに尋ねてみたら
4人とも同じ答え「ドクトル・カルバージョ」。
電話帳で調べても、皮膚科のクリニックは殆ど出ていないし、
どうやらラパスには皮膚科医が極端に少ないようだ。
オフィスでくつろぐゆきさん。カメラを嫌がるのでこんな正面の
写真が撮れたのは久しぶりかも。
 

2010.04.24

2010年4月27日
頭におできの親分みたいなのができてとても痛い。
そのうち消えるだろうと思ってほっていたが、どんどん膨らんできたので
明日は皮膚科に行ってみようと思う。

2010.04.23

2010年4月27日
ふと思い出したが今月の7日は結婚5周年記念日だった。
すっかり忘れていて二人とも思い出さなかった。5周年で
すでに思い出さないということは、50周年ごろには、記念日が
何日だったかすらも思い出せないかも。
5周年目って何婚式っていうのかしら?と調べてみると
「木婚式」。何か地味だなー。